2013年02月10日

PC遠隔操作事件で逮捕の男=「のまネコ」騒動で殺害予告した人?

どうも、おいらです。
突然の更新で申し訳ありません、、、


PC遠隔操作事件で逮捕の男、「のまネコ」騒動で殺害予告の過去(ITmedia)

 PC遠隔操作事件で合同捜査本部に逮捕された東京都江東区の男(30)は、2005年にエイベックス・グループ・ホールディングスを標的とした殺害予告を「2ちゃんねる」に書き込んだとして逮捕されていたという。

 男は2月10日朝、昨年8月のコミケを妨害する目的で、遠隔操作した愛知県内のPCからコミケでの殺人を予告し、業務を妨害したとして威力業務妨害の疑いで逮捕された。男は「全く事実ではありません」と容疑を否認しているという。

 報道によると、男は2005年、「のまネコ」騒動をめぐって2ちゃんねるに殺害予告を書き込んだとして逮捕されていた。

 エイベックスが発売したCD「恋のマイアヒ」中の映像に登場するキャラクター「のまネコ」が、2ちゃんねる発のアスキーアートキャラクター「モナー」に似ていると騒動になったのは2005年9月初めのことだった。同社はその後「のまネコ」の商標出願を取り下げるなど、大きな騒動になった。

 騒動が続いていた同年9月30日、2ちゃんねるに「AVEXは即時、のま猫ビジネスから完全に撤退しろ」というスレが立った。スレを立てた人物は「モナーそして全てのAAを愛する者」を名乗り、「AVEXは「のま猫」のプロモーションキャラとしての使用を即時中止しろ」などと要求、従わなければ社員を刃物で殺害するなどと脅迫する内容だった。殺害予告は10月にかけて複数回書き込まれた。「のまネコ」騒動が殺害予告にまで発展したとして当時大きな話題になった。

 その後、仙台市内の小学生に対する殺害予告で同年10月に宮城県警に脅迫容疑で逮捕された当時専門学校生の東京都江東区の23歳の男が、エイベックスへの殺害予告で同年11月、強要未遂容疑で警視庁に再逮捕。男は「社長に指示されて書き込んだ」などと投稿していたことから、松浦勝人社長に対する名誉毀損でも追送検された。当時の報道によると、男は「自分の書き込みで掲示板が盛り上がるのを見たかった」などと供述していたという。


 取り急ぎの記事のコピペですが、重要なニュースでしたので掲載し言及させて頂きます。
 いくら気に入らないからといって、無関係なひとたちに迷惑をかける行為をしたり、死んだりするのはいけないとおいらは当時から思っておりました。
 気に入らないことがあれば、みんなに迷惑をかけない形を優先し真剣な態度で示すことが大切なのです。

 まぁ、この国は残念な無能警察国家だけど、それは仕方ありませんし、どうにもなりません。
 ヤクザ以上にヤクザな警察は事件を解決することよりも、利権を大事に大事にしたいんです。
 けれども、無能警察を暴走させることは本当の恐怖だってことは、今回のPC遠隔操作事件で大いに感じとれたことが、良かったのか悪かったのかは置いて、今後の課題でもあるかもしれません。

 今の若いひとたちにとって、「のまネコ問題」は疑問に思うかもしれません。
 なぜなら、今となってはゲームセンターやディスカウントショップにいけば「顔文字グッズ」が当たり前のように存在しているわけです。
 現在、この顔文字グッズ存在の裏には上記のような事態までに発展した「のまネコ問題」という過去が積み重なってこそ存在していると言っても良いと思いながらも、( ゚ ∀ ゚ *)のぬいぐるみがうちに転がってます。。。

20120830002028


 以上です。

noma_neko at 13:52│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔