著名人ブログの意見

2005年09月15日

皆さん、もっとモナーについて語ってください。

読売オンラインのモニ太のデジタル辞典
モナーのコラムが掲載。
モナー(もなー) : モニ太のデジタル辞典 : コラム : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

著名人や新聞記者さんには「のまネコ問題」をきっかけに
モナーの存在について語られたり、触れられたりする事が
少しでも多くなっていけばいいなぁと2ちゃんねらーとして思います。

それだけ「モナー」は大事な存在だと言うことを・・・。

noma_neko at 02:20|PermalinkComments(1)TrackBack(12)

2005年09月11日

栗原潔氏って人が、「のまネコ問題」についてコメントしてる

「のまネコ」問題にコメントしてみたりする
http://blogs.itmedia.co.jp/kurikiyo/2005/09/post_1ac9.html


 (略)

もちろん、法律的に問題ないからといって、AVEXの行為がCSR的に問題ないかというとそんなことはないわけであって、少なくとも著作権をビジネスの種にしている企業としては明らかにまずいと思います。

別に煽るわけではないですが、AVEXの姿勢に反対する人ははどんどん抗議するなり、不買運動するなりやるべきだと思います(虚偽の情報を流布したり、DoS攻撃したりするのは問題ですが、正当な理由に基づいて不買運動をするのは資本主義社会における消費者の正当な権利だと思っています)。

ところで、2ちゃんねるのキャラについては、今までも何回か商標関係でもめごとがありましたよね。本来、コミュニティの中の共有財産とすべきもの(一種のコモンズ)と現代の知財関連法規は明らかに相性がよくないので、この問題は必然的に生じたものだと言えます。

個人的意見ですが、2ちゃんねるキャラも、それを使った商品売ったりしてるのですから、商標登録しておいた方がよいと思います。商標権や特許権などの権利を取得するのは、権利を独占するためだけにするわけではありません。商標権とっても他者に自由に使わせることは可能です。そして、ルール違反をした者に対しては抑止力を行使できるわけです。

ちょっと刺激的なたとえをしてしまうと、平和を維持するためにはそれなりの自衛力が必要ということです。みんなで武器を捨てれば平和が訪れるという思想は理想論者の脳内では成立しても現実的にはあり得ないと思うわけです。

たとえば、オープン・ソースの世界でも基本的理念は共有することにあるわけですが、著作権という独占権は放棄したわけではありません。こうすることで、たとえば、GPL違反をした企業に著作権法に基づいた圧力をかけることができるわけです。

そういえば、GPL3では、ソフトウェア特許問題への対策としてGPLソフトに対してソフトウェア特許を行使した企業にはライセンスを停止するという条項を入れる検討がされているようですが、これも、著作権を保持していることで初めてできることなわけです(この話は長くなるので、また後日)。



んで、気になるところの感想かいておきます。

個人的意見ですが、2ちゃんねるキャラも、それを使った商品売ったりしてるのですから、商標登録しておいた方がよいと思います。


前々から、2ch管理サイドで商標登録とかの話はありましたが、
大人の事情でうまくはいってないということは聞いたことあります。。。

なんでだっけ?
kwsk(詳しく)知ってる人居たらコメント下さいな。。。

noma_neko at 00:34|PermalinkComments(3)TrackBack(9)